アフリカにおける地産地消(Chisan-Chisyo)活動普及検討調査事業(農林水産省補助事業)

わが国の知見を活かしつつ、アフリカの実情に即した地産地消の取組を検 討するとともに、実証試験を通じて、アフリカの自給自足的農業から商業的 農業への移行を促すことにより、アフリカの農家の所得向上等を図ります。


担当:

 西野俊一郎 業務グループ(総括/主担当)

 田中麻理 業務グループ(農業経済/ジェンダー)

 高畑恒雄 技術参与(農業機械/販売)

 松本 巌 技術参与(農業機械/開発)

 

アジアにおける貧困削減と持続的農業推進のための技術指導事業(農林水産省補助事業)

ミャンマー国へ専門家を派遣し、水稲生産の技術普及、米流通販売の改善を実施するとともに、わが国の先進的な技術や経験・ノウハウの導入を図り、貧困削減と持続的農業の推進を支援しています。


担当:

 松原英治 技術参与(総括/稲作灌漑)

 田中麻理 業務グループ(主査/農村調査・研修)

 池田良一 技術参与(稲作)

 高畑恒雄 技術参与(農業機械)

 新田直人 技術参与(営農)

 松本 巌 技術参与(農業機械)


これまでの活動報告:

開発途上国への海外農業投資促進事業(農林水産省補助事業)

開発途上国に対するわが国民間企業からの農業投資を促進するため、今年度はケニア国において大豆の生産可能性を探ります。

年度末にはフォーラムを開催する予定です。


担当:

 西野俊一郎 業務グループ

 新田直人 技術参与

 

 

アフガニスタン農業灌漑牧畜省組織体制強化プロジェクト (JICA受託事業)

アフガニスタン国農業灌漑牧畜省(MAIL)の研究局及び普及局の連携を通じて、農家ニーズと地域ポテンシャルに基づいた適正栽培技術、営農手法の開発・普及を行う能力の強化を目的として、平成24年から4年間の技術協力プロジェクトを実施しています。

2016年度は第4年次となり、最終年次にあたります。プロジェクトが終了する2017年6月に向けて、引き続き、研究部門に重点を置いて活動を進めています。研究成果発表会(Annual Review Meeting)を核とした研究サイクルの導入、研究能力の向上を目的として、各種研修をアフガニスタン国内及びわが国で実施し、地域ニーズ及び開発ポテンシ ャルに応じた適正栽培技術の開発に貢献する人材を育成していきます。


担当:

 鈴木正昭 技術参与(チームリーダー、土壌肥料、適正技術開発)

 米山正博 技術参与(人材育成)

   新田直人 技術参与(研究管理)

モンゴル国養蜂振興による所得向上プロジェクト(JICA草の根技術協力事業)

モンゴルにおけるハチミツの生産量・品質向上と地方住民の所得向上を目指し、シャーマル郡を中心に、養蜂家に対する技術指導や蜜源植物調査を行っています。


担当:

 西山亜希代 業務グループ(農産物流通、研修)

 森麻衣子 業務グループ

これまでの活動:

 モンゴル産ハチミツの生産・品質の向上を目指して(2015.10.22)


プロジェクト概要へ(JICA)

 

コートジボワール国国産米振興プロジェクト(民間企業と共同、協力等)

下記の専門家を派遣しています。


担当:

 中條 淳 技術参与(副総括/クレジット管理/農民組織)

 小林裕三 業務グループ(稲栽培技術)

 池田良一 技術参与(イネ種子生産技術)

 南谷貴史 技術参与(稲作機械適正利用・管理)


プロジェクトWEBサイトへ(JICA)

 

ブルキナファソ国ゴマ生産支援プロジェクト(民間企業と共同、協力等)

ブルキナファソ国の種子生産農家を介した栽培技術研修を通じたゴマの生産性改善等を支援するため専門家を派遣します。


担当:

 大谷華子 業務グループ(副総括/流通)

 中條 淳 技術参与(普及1(FFS/FBS実施・運営))

 小林裕三 業務グループ(普及2(農民組織化))

 南谷貴史 技術参与(収穫後処理)


プロジェクトWEBサイトへ(JICA)

 

エジプト国開発計画・政策実施能力強化における知見共有プロジェクト研修(民間企業と共同、協力等)

エジプト国の国家開発計画の策定から実施へのプロセスに対する能力強化支援のための本邦研修を実施します。


担当:

 西山亜希代 業務グループ


プロジェクト概要へ(JICA)

ウガンダ国中小企業海外展開支援事業―案件化調査―(民間企業と共同、協力等)

ポストハーベスト分野における農村部所得向上を目的としたコメ用石抜機導入に関する案件化調査を実施します。


担当:

 西野俊一郎 業務グループ(CA/市場調査)

 松本 巌 技術参与(農機運用等)

 高畑恒雄 技術参与(農機実演等)

 田中麻理 業務グループ(農家調査)

 

 

灌漑水管理技術海外展開支援調査(実証調査)(民間企業と共同、協力等)

アジア諸国等でのビジネス機会を活かすため、我が国の灌漑排水地区で導入されている、各農業水利施設を遠隔操作できる水管理システム(テレコン・テレメタリングシステム)について、ODAと連携しながら我が国の民間企業が海外展開することについての可能性を調査・検討するものです。平成28年度は、水管理システムモデル(案)の構築やモデルサイトでの水管理システム機器の設置を行います。


担当:

 松原英治 技術参与(農業土木)

 

 

農業農村開発技術活用促進調査業務(技術調査)(民間企業と共同、協力等)

アジアの開発途上国の農業農村開発分野の技術的課題について、各国のニーズや現状等の情報収集を行い、昨年度に実施したデータを含めて、総括して整理するとともに、施設長寿命化技術と圃場整備技術について現地調査により情報収集し、事業の実施にあたっての課題を整理します。


担当:

 松原英治 技術参与(農業土木)

 

 

農業分野(灌漑)における有償資金協力案件技術審査支援業務(JICA受託事業)

新たに実施する円借款案件形成のためのファクトファインディング(F/F)ミッション及び妥当性審査のためのアプレイザル(審査)ミッション等に同行し、技術面での情報収集及び妥当性確認を行い、結果を技術審査レポート(案)に取りまとめます。また、これらに先立ち、協力準備調査等の関連資料の読み込み及びコメント、技術審査対象項目にかかる事前各種書類への技術的コメントを行います。


担当:

 松原英治 技術参与(農業土木)

 

 

ウガンダ国コメ振興プロジェクト(稲育種)(JICA受託事業)

ネリカを中心に品種の交配・選抜を行い、特性調査に向けた系統育成のための技術指導の専門家を派遣しています。


担当:

 池田良一 技術参与(稲育種) 


プロジェクトWEBサイトへ(JICA)

 

ベトナム国成果連動型地方開発事業(成果連動型事業実施支援)(民間企業と共同、協力等)

ベトナム北西部6省を対象とする成果連動型円借款事業(農業分野)において、成果のモニタリング体制と評価方法の作成、そして農業技術普及活動の支援を行います。


担当:

 新田直人 技術参与(農業/普及)

 

 

モンゴル農牧業セクターにかかる情報収集・確認調査(民間企業と共同、協力等)


担当:

 西山亜希代 業務グループ(衛生・品質管理)

 

 

キルギス国輸出のための野菜種子生産振興プロジェクト(業務調整員)

輸出可能な品質の種子生産量の増加を目指し、野菜の種子生産技術、組織化とマネジメント、地域の農民または組合員への普及に関する研修等を支援します。


担当:

 山岸恭敬 技術参与(業務調整員)


プロジェクトWEBサイトへ(JICA)

 

 

企画部援助協調国内支援業務 (JICA受託事業)

平成25年度よりJICA本部内に常駐し、各種会議運営や資料作成、情報の収集・加工・分析など、JICAスタッフの業務支援を行っています。


担当:

 鈴木潔 業務グループ

 加藤秀男 業務グループ