注目の新着資料

  • World fertilizer trends and outlook to 2018

    2018年に向けた世界の肥料の動向と見通し世界の肥料利用に関するFAOの中期見通し。窒素、リン酸、カリウムの利用と供給について、最近の動向と2018年までの見通しを報告しています。(FAO 2015年 66ページ A4判 英語ほか ISBN:978-92-5-108692-6)もっと読む

    The State of Food and Agriculture 2014: Innovation in Family Farming

    世界食料農業白書2014年報告:家族農業における革新世界の食料・農業の現状を報告するFAOの旗艦報告書。本年版は、2014年の「国際家族農業年」でも再認識された家族農業の役割を改めて分析し、その可能性や支援策を論じています。(FAO...もっと読む

    Food and Nutrition in Numbers 2014

    数で見る食料と栄養 2014年世界では8億を超える人々が栄養不足にある一方で、約5億人が肥満の状態にあります。また、最近では栄養不足や微量栄養素欠乏、肥満といった栄養失調の複数の側面が、1つの国の中で併存するケースも増えてきています。本書は、2014年11月にFAOで開催された国際栄養会議に合わせ、世界の栄養問題の現状を考えるうえで不可欠な統計データをまとめ、地図や図表を交えて解説したものです。(FAO...もっと読む

    Towards Stronger Family Farms

    より強固な家族農業を目指して家族農業は地域によって形態や環境が異なり、それぞれが直面する課題も多岐にわたります。本書は、2014年の「国際家族農業年」を機に、FAOがアジアやアフリカをはじめとする6地域で行った家族農業に関する対話を基に、地域ごとの課題や政策提言をまとめたものです。(FAO 2014年10月 39ページ A4判 英語ほか)もっと読む

    The State of Food Insecurity in the World 2014: Strengthening the Enabling Environment for Food Security and Nutrition

    世界の食料不安の現状 2014年報告:食料安全保障と栄養の改善を促進する環境の強化世界の飢餓の現状をモニタリングするFAOの年次報告書。2014年版は、国際目標の期限を目前にした世界の飢餓の現状を報告するとともに、国別の事例を分析し、食料安全保障と栄養を確保するための促進的環境や、政府による効果的な介入に求められる点を分析しています。 (FAO...もっと読む

    State of the World's Forests 2014: Enhancing the Socioeconomic Benefits from Forests

    世界森林白書 2014年報告:森林の社会経済的利益を強化する世界の森林と林業をめぐる現状について、FAOが隔年で発表する報告書。2014年版は、人々の暮らしや食事、健康、住居、エネルギー需要に対する森林の貢献についてのデータを収集・分析するともに、森林から得られる恩恵を強化していくために必要な情報改善や政策の適応について論じています。(FAO...もっと読む

    OECD-FAO Agricultural Outlook 2014-2023

    OECD-FAO 農業アウトルック2014-2023OECD諸国と開発途上国の農業をめぐる動向と今後10年の見通しを分析したFAOとOECDの共同報告書。(FAO/OECD 2014年6月発行 324ページ 27×19cm 英語ほか ISBN:978-92-64-21089-9)※季刊誌『世界の農林水産』2014年冬号「Report1」(pp.15-18)にて、「Summary in Japanese」を掲載しています。もっと読む

    Agriculture, Forestry and Other Land Use Emissions by Sources and Removals by Sinks

    農業および林業等土地利用に起因する温室効果ガスの排出・吸収量農業や林業等土地利用によって排出・吸収される温室効果ガスの量を部門別・国別に明らかにした報告書。 FAO独自の分析によるものとしては初めての報告書であり、調査結果は気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告にも寄与しています。(FAO...もっと読む

    The State of World Fisheries and Aquaculture(SOFIA) 2014

    世界漁業・養殖業白書 2014年FAO水産養殖局が2年ごとに発表する報告書。(FAO 2014年発行 223ページ A4判 英語ほか ISBN:978-92-5-108275-1)※季刊誌『世界の農林水産』2014年秋号「Report1」(pp.9-15)にて、一部抜粋して掲載しています。※JAICAFでは本白書をさらに詳しく紹介した日本語要約版を刊行しています。もっと読む

    Growing Greener Cities in Latin America and Caribbean

    ラテンアメリカ・カリブ海地域における環境に優しい都市の発展ラテンアメリカおよびカリブ海地域における都市近郊農業の調査結果をまとめたFAOの報告書。(FAO 2014年)もっと読む

    SAVE AND GROW:Cassava

    SAVE AND GROW:キャッサバFAOの提唱する「Save and Grow」のパラダイムに沿って、キャッサバの効率的かつ持続的な増産技術をまとめた技術書。(FAO 2013年発行 140ページ 18.2×25.7cm 英語ほか ISBN:978-92-5-107641-5)※季刊誌『世界の農林水産』2014年秋号から4回にわたり、連載「SAVE AND GROW―持続可能な食料の増産を実現するために」を掲載しています。もっと読む

    Mountain Farming is Family Farming: A contribution from mountain areas to the International Year of Family Farming 2014

    山岳農業は家族農業2014年の国際家族農業年に合わせ、家族農業が多くを占める世界の山岳農業の現状をまとめた報告書。世界的な社会経済の変化が山岳農業に与えてきた環境や今後の展望を、25の事例とともに論じています。(FAO、2013年12月発行、98p、A4判、英語ほか、ISBN: 978-92-5-107975-1)もっと読む

    World Livestock 2013: Changing disease landscape

    世界の畜産2013:変化する家畜疾病の様相低・中所得国を中心とした畜産品への需要増加とそれに伴う土地利用の変化などにより、世界の畜産を取り巻く環境が変化するなか、家畜疾病は引き続き大きな脅威となっています。本書は、家畜疾病の現状と課題を「圧迫要因」「現状」「対応策」の3点から包括的に論じています。(FAO、2014年1月発行、111p、B5判、英語ほか、ISBN: 978-92-5-107927-0)もっと読む

    FAO Statistical Yearbook 2013: World food and agriculture

    FAO統計年報 2013年:世界の食料と農業世界の農業、畜産、林業、水産業、飢餓・貧困に関するデータが一望できる統計集。「基本条件」「飢餓」「供給」「持続性」をテーマに統計が分類され、それぞれの解説や統計地図も盛り込まれています。(FAO、ローマ、2013年6月発行、289p、A4判、英語ほか、ISBN:978-92-5-107396-4)もっと読む

    Food wastage footprint: Impacts on natural resources

    食料廃棄が天然資源に与える影響世界では8.億4,200万人が栄養不足に直面している一方で、毎年生産される食料の3分の1に相当する13億トンの食料が廃棄またはロスの対象となっています。本書はこうした食料廃棄を初めて環境保全の観点から分析した調査報告書です。別冊として、国や自治体、農家、企業、消費者に推奨される廃棄削減の取り組みをまとめたツールキットも用意されています。(FAO、ローマ、2013年9月発行、69p、22×22cm、英語ほか、ISBN:...もっと読む

    National integrated mitigation planning in agriculture

    農業における温室効果ガス緩和のための国家計画農業は温室効果ガス(GHG)排出源の1割を占めると推定されており、農法を改善することでGHGの排出緩和に寄与することが期待されます。しかし開発途上国では、緩和策の策定や財政確保がきわめて不十分であるのが現状です。本書は、各国の策定状況を報告するとともに、緩和策を成功に導くための提言をまとめています。 (FAO、ローマ、2013年3月発行、53p、A4、英語ほか、ISBN:...もっと読む

    Edible Insects: Future Prospects for food and feed security

    食用昆虫:食料と飼料の安全保障に向けた将来の展望森林は、世界の10億以上の人々のための調理用燃料や家畜飼料、所得を生み出す役割を果たしているだけでなく、森林に生息する野生動物や昆虫は、しばしば森林地帯の人々の主なたんぱく源となっています。本書は、昆虫の食料源や飼料としての可能性に焦点を当て、現状と今後の展望を考察しています。(FAO、ローマ、2013年4月発行、187p、A4、英語ほか、ISBN: 978-92-5-107595-1)もっと読む

    State of the art report on global and regional soil information

    State of the art report on global and regional soil information:Where are we? Where to...もっと読む


    Displaying results 21 to 40 out of 99