注目の新着資料

  • Indigenous Peoples’ Food Systems

    先住民族の食料体系長い間培われてきた文化と、地域の環境システムに適した生活様式とのつながりを保ち続ける先住民族の食料体系は、健康に寄与する知恵の宝庫といえます。本書は、先住民族のさまざまな食料体系の活用方法について、日本を含む9ヵ国のケーススタディを豊富なカラー写真とともに紹介しています。(FAO、2009年1月発行、339p、25.0×20.5cm、英語、ISBN:978-92-5-106071-1)もっと読む

    Payment for Environmental Services in Agricultural Landscapes

    農業景観における環境便益への支払い近年、開発途上国における開発政策は、環境便益支払い(PES)を取り入れることで環境悪化への高まる懸念に対応し始めています。本書は、その最適な設計方法や貧困層への影響、温暖化や生物多様性損失に関する国際条約にどのように取り込んでいくのか、といった点を考察し、特に開発途上国の貧困層の生計を支える「農業景観におけるPESの役割」に注目しています。(FAO/Springer、2009年1月発行、284p、23.2×25.4...もっと読む

    The International Year of Natural Fibres (IYNF) 2009

    国際天然繊維年 2009年[パンフレット]2009年は国連の定める「国際天然繊維年」です。本パンフレットは、木綿や麻、ジュート、カシミヤなど15種類の天然繊維の性質や、天然繊維の歴史、繊維産業が各国で果たす役割について分かりやすく紹介しています。(FAO、2009年4月発行、8p、17.1×24.0cm、英語ほか)もっと読む

    Crop Prospects and Food Situation, No.4, Ocrober 2008

    穀物見通しと食料事情 2008年第4号(10月発行)世界の穀物需給の短期見通しや低所得食料不足国(LIFDCs)の穀物輸入に関するFAOのレポートです(年5-6回発行)。(FAO、2008年11月、35p、英語)もっと読む

    Food Outlook, November 2008

    世界の食料需給見通し 2008年11月世界の食料の見通しに関するFAOのレポート(年2回発行)。 穀物やその他の基礎的な食料の生産、在庫、貿易の国際的な見通しを、最近のトレンド分析や予測を盛り込んで解説したものです。 (FAO、2008年11月、97p、英語)もっと読む

    Water and the Rural Poor: Interventions for improving livelihoods in Sub-Saharan Africa

    水資源と農村の貧困: サハラ以南アフリカの生活改善への対策サハラ以南アフリカにおける水資源管理と農村の貧困との関連について、FAO とIFAD(国際農業開発基金)が作成した共同報告書。同地域では、人々の主な生活基盤である農業において、不十分な水資源管理が制約要因となっている。そのため貧困の解消には水資源管理の改善が鍵となるが、その課題はケースごとに様々である。本書は、同地域を13...もっと読む

    Forests and Energy: Key Issues

    (FAO Forestry Paper No. 154) もっと読む

    The State of Food and Agriculture 2008: Biofueles - prospects, risks and opportunities

    世界食料農業白書 2008 年報告: バイオ燃料 - その見通しとリスクおよび機会FAO が毎年発表する年次報告書。世界の農林水産業をめぐる現状を報告するほか、特集として、バイオ燃料が食料安全保障や環境に与えるリスクと機会について考察しています。そのうえで、開発途上国がバイオ燃料生産の恩恵を受けることができるよう、少数の先進国の生産者を優遇する傾向にある現在の政策を見直すべきであると指摘しています。(FAO、2008 年、128p、英語、ISBN...もっと読む

    The FAO Yearbook of Fishery and Aquaculture Statistics 2006

    FAO水産統計年報 2006年FAOが毎年発行する世界の水産統計年報。これまで分冊となっていた漁獲・養殖・水産品の各統計集が、本号より1冊になりました。書籍には解説、定義、概要表などが掲載され、添付CD-ROMに統計データ(PDF)が収録されています。(FAO、2008年発行、57p+CD-ROM、英語ほか、ISBN:978-92-5-006067-5 )もっと読む

    The State of World’s Animal Genetic Resources for Food and Agriculture

    食料・農業のための世界家畜遺伝資源白書世界では過去7年間にわたって1 ヵ月に1 種類のペースで生物が絶滅しており、現在、世界の家畜の20%近くが絶滅の危機に瀕しています。開発途上国をはじめ世界の食料安全保障に重要な役割を果たしている家畜の遺伝資源管理の重要性が改めて認識されている中、FAO はその現状を包括的にまとめました。畜産業に従事する人だけでなく、農業やその政策立案に関わるすべての人にお薦めしたい一冊です。目次Part...もっと読む

    Crop Prospects and Food Situation, No.3, May 2007

    穀物見通しと食料情勢 2007年第3号(5月発行)FAOが年4回発行するレポートの2007年第3号。この報告によると、2007年の世界穀物生産量は2006年度の水準を4.6%上回る、20億9,500万トンの記録的な量に到達する勢いである。一方、在庫は過去20年間減少の一途をたどり過去最小になることから、全体の供給量は、バイオ燃料産業の拡大によって高まる需要をかろうじて満たしているのにすぎないのが現状である。2006/2007年は、ほぼ全ての穀物の国際価...もっと読む

    The FAO Yearbook of Forest Products 2005

    FAO林産物年報 2005年FAOが毎年発行する世界の林産物に関する統計データ集。(FAO、2007年2月、338p、英語ほか、ISBN:978-92-5-005665-4)もっと読む

    The State of Agricultural Commodity Markets 2006

    世界農産物市場の現状 2006年報告FAOが一年おきに発行する世界の農産物に関する報告書。この中でFAOは多国間農業貿易政策の改定は貿易・経済成長を促す効果のあることが予測される一方、いかなる新しい貿易取決めも2015年までに飢餓人口を半減させるというミレ二アム開発目標(MDGs)と合致するようなものでなければならない、と報告している。ドーハ開発ラウンド交渉再開中に発表された今回の白書では、多くの低所得国、中でもサハラ以南アフリカ諸国においては、貿易自...もっと読む


    Displaying results 81 to 99 out of 99
    << First < Previous 1-20 21-40 41-60 61-80 81-99 Next > Last >>