• 『海外農林業情報 No.96』

    海外農林業情報 No.96 (2019年4月19日) 目 次・【世界の食料需給の動向】米国農務省の農産物需給見通しについて・【世界の貿易関係の動向】日米TAG交渉、米中協議について 米国農務省は4月9日付で、2018/19年度の穀物を中心とした世界の農産物の需給見通しを発表しました。各見通しの概要は次の通りです。 小麦:2018/19年度の世界の小麦生産量は、旧ソ連諸国やEUもっと読む

    お米のはなし No.12

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.12をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)12.稲作のはじまり(その2:長江中・下流域説)渡部博士が日干し煉瓦に含まれていた籾の形を計測して、古代の稲の伝播路の原点がアッサムとそれに隣接する雲南高地に収斂すると推定した後、イネの起源地はアッサム・雲南センターであるといもっと読む

    お米のはなし No.11

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.11をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)11.稲作のはじまり(その1:アッサム・雲南説まで)稲作の起源については、多くの学説が出されましたが、まだ完全には解明されていません。我が国では、昭和27年(1952年)に、農学、考古学、歴史学、人類学、民俗学など幅広い分野のもっと読む

    お米のはなし No.10

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.10をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)10.洪水常発地稲 洪水常発地稲Flood-prone riceは、内陸の低湿地、大河下流の氾濫原、沿岸部などで栽培されている稲であり、ここでも、伝統的な在来品種、あるいは深水稲用に育種された近代品種が栽培されています。洪水常もっと読む

    JRA畜産振興事業「養蜂経営における女性の貢献調査」 調査報告書

    平成30年度 養蜂経営における女性の貢献調査調査報告書 「全文版」(PDF)(2019年3月、A4版、101p)※別途配布している「全文版」の印刷物において、下記の誤りがございました。お詫びして訂正申し上げます。なお、本ウェブサイトに掲載しているPDF版は訂正ずみです。 【訂正箇所】 p.50 13行目(花園養蜂場 松本鮎子さんの記事:「母として・家族として」の上の行) (誤)もっと読む


    Displaying results 1 to 5 out of 363
    << First < Previous 1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31-35 Next > Last >>
  • ―Pick Up―

    ラオスの農業と新たな農業政策

    詳細