• お米のはなし No.7

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.7をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)7.灌漑水稲 日本の水田をイメージしてください。それが典型的な灌漑水稲Irrigated riceの栽培です。畦畔を設け、灌水と排水の設備(用水路と排水路)が整っている水田で・・・・・続きはPDFで。まとめもっと読む

    お米のはなし No.6

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.6をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)6. 稲の栽培 我々は「稲作」と聞くと、すぐに水田の稲が思い浮かびます。それほど緊密に、「稲作」と「水田」は、私たちの中で繋がります。地方により若干は異なりますが、・・・・・続きはPDFで。まとめ読み(バックナンバーもっと読む

    お米のはなし No.5

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.5をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.)5. 世界の稲(その2) 稲は現在、アジアに限らず、アフリカ、アメリカ合衆国、中南米、ヨーロッパ、オセアニアなど世界中で栽培されています。今回は、世界の至る所で栽培されている稲にはどのような種類があるかを見てみましょう。・・・・もっと読む

    お米のはなし No.4

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.4をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.) 4. 世界の稲(その1) 稲は世界の至る所で栽培されています。世界地図で稲の栽培範囲を見てみましょう。稲は、・・・・・・続きはPDFで。まとめ読み(バックナンバー)は、こちらから。もっと読む

    お米のはなし No.3

    お米のはなしお米や稲に関するちょっとした情報・豆知識を専門家が綴る「お米のはなし」No.3をお届けします。 (シリーズ担当:R. I.) 3. 稲の日本型とインド型 先に結論から申し上げますと、稲のインド型と日本型を分ける分類基準は、現在大変曖昧になっています。例えば、・・・・・・続きはPDFで。 まとめ読み(バックナンバー)は、こちらから。もっと読む


    Displaying results 6 to 10 out of 12
  • ―Pick Up―

    ラオスの農業と新たな農業政策

    詳細

    アーカイブ