ラオスの農業と新たな農業政策(No.82)

国別研究シリーズ No.82

ラオスの農業と新たな農業政策
横井 誠一[著]


2018年3月、A5、133p
定価:1080円(本体1000円+税)※郵送をご希望の場合、別途送料がかかります
ISBN 978-4-90856-34-8

発展著しい東南アジアにあって、ASEAN唯一の内陸国ラオス。お隣ミャンマーとともに熱い視線を注がれるこの国は、経済発展により、農業を取り巻く実情も大きく変わりつつあります。

本書では、ラオス農業の概況とともに、今まさに実行中の新しい中長期計画をご紹介しています。

著者は、国際機関での経験を活かし、2014年までラオス政府で農業政策アドバイザーを務めた横井誠一氏。開発途上国支援の専門家がラオスの農林業協力におけるニーズと問題点を俯瞰します。

ラオス農業の調査入門書として、開発コンサルタントはもちろん、これからラオスを学ぶすべての方に広く役立つ一冊です。

=目次=
はじめに
第1章 ラオス農業の概況
第2章 第8次国家社会経済開発5ヵ年計画
   第1部 第7次国家社会経済開発5ヵ年計画(2011―2015年)の実施報告 
   第2部 第8次国家社会経済開発5ヵ年計画(2016―2020年) 
第3章 2025年を目標とする農業開発戦略および2030年に向けたビジョン
第4章 第8次農林業開発5ヵ年計画
   第1部 第7次農林業開発計画(2011―2015年)の実施評価の要約
   第2部 第8次農林業開発計画(2016ー2020年)
第5章 ラオス農業の発展の方向性と支援上の留意点
おわりに


※JAICAF賛助会員にご入会いただいた方には、会員区分に応じ、刊行物を無料でお送りしております。
   詳しくはこちらから。

※お問い合わせ・ご注文は、こちらまで。

※シリーズ一覧は、こちらから。