『海外農林業情報 No.96』

海外農林業情報 No.96 (2019年4月19日

 目 次
・【世界の食料需給の動向】米国農務省の農産物需給見通しについて
・【世界の貿易関係の動向】日米TAG交渉、米中協議について

 
【世界の食料需給の動向】米国農務省の農産物需給見通しについて

米国農務省は4月9日付で、2018/19年度の穀物を中心とした世界の農産物の需給見通しを発表しました。各見通しの概要は次の通りです。

小麦:2018/19年度の世界の小麦生産量は、旧ソ連諸国やEUの乾燥の影響から、前年度比4.0%減の7億3287万トンと見込まれています。EUでトウモロコシの価格競争力が高まり飼料需要が増加したことなどにより、世界の小麦消費量は前月より下方修正され、 ・・・続きはPDFで。(全3p)

  

『海外農林業情報』のバックナンバーは、こちらから。

刊行物一覧へは、こちらから。