ニュース

  • 品質向上を目指せ!~ミャンマーの黒ゴマ~

    Category: お知らせ, 活動報告, 生産技術(H30), ゴマ, ミャンマー 2018年6月20日

    ミャンマー:平成30年度アジア・アフリカ地域の農業者に対する農業生産技術指導(農林水産省補助事業)


    ミャンマーは、ゴマの生産国として世界有数であり、2016年は世界で11番目の輸出国である。もちろん、国内での需要も大きいが、日本にとっても、ミャンマーは重要な輸出国である。特に黒ゴマでは、その存在が大きい。

    JAICAFでは、昨年度から、ミャンマー中央乾燥地において黒ゴマの品質向上に取り組んでおり、今年度は、風味に影響を及ぼす遊離脂肪酸に焦点を当てて、その酸価値低減に向けた試験とデモンストレーションを行うこととしている。酸価値低減には、乾燥方法が影響すると見られており、今回は、農家とともに、乾燥方法の違いによる酸価値への影響を試験する。また、併せて、日本への輸出で近年問題になっている残留農薬の観点から、乾燥期の害虫発生状況を調査し、防除方法を検討する。

    6月3日-6月15日にかけて、マグウェ地域アウンランTown Shipを主な調査地として、事前調査を行った。アウンランTown Shipでは、主に天水で黒ゴマを栽培している。栽培品種はSamou Neiといわれる品種であり、市場評価が高いという。

    事前調査では、試験に協力(参加)してくれる農家候補を選び、正確な播種日を確認した。通常、播種後85日前後で刈り取るとのことで、次回は、刈り取りに合わせて来緬し、試験を実施することになる。
    現在、マグウェ地域では、GAPの考え方を取り入れることで、農薬の適正使用やより良い乾燥方法の導入を図っており、本事業にも大きな期待が寄せられている。

    (報告:西山亜希代)

     

    農業局アウンランTown Ship事務所の副所長。GAPの考え方を普及しようと奮闘中。1週間前に播種したゴマ畑。この村は砂質土壌がみられ、傾斜地も多い。大雨になると流されてしまうことも多々ある。

     

    [問い合わせ先] 
    業務グループ 田中/西山
    TEL:03-5772-7880