News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス
  • ケニア
  • ガーナ
  • フードバリューチェーン
  • 農業機械
  • 農産加工
  • 栄養改善
  • カカオ
  • ギニア
  • アフガニスタン
  • コートジボワール
  • アンゴラ
  • エクアドル
  • ボリビア
  • ルワンダ
  • カンボジア
  • セネガル

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

村むらの開発をめざすNGO活動ハンドブック

『村むらの開発をめざすNGO活動ハンドブック』

2000年3月、A5、255p

 

いま、多くのNGOが農村開発や農業に関わる活動を行っています。それらは、農村貧困層の自立への支援や、環境の劣化により低下した農業生産性の回復、荒廃した森林を回復させる植林など、グローバルイシューへの取り組みです。これらの問題は、いずれも解決困難なものであり、息の長い、忍耐強い努力の積み重ねが必要となります。
本書は、このような農村開発を目的としたNGO活動を、多くの人に理解してもらいたいとの願いをこめた入門書です。
また、農村開発と農業技術は密接な関係にありますが、現在までに農林業分野のNGO活動を農業技術者が解説した著作は多くありません。そこで本書は、技術的な事項にも重点を置きました。

 

<目次>

1.NGOとは何か

NGOの定義、NGOの活動分野と活動形態、NGO活動の理念、日本が受けた援助、NGO活動の特徴、NGOの歴史、データで見る日本のNGO

2.活躍するNGOの実態

1)日本のNGO  (18団体を紹介)

2)欧米諸国の主なNGO

アメリカ、ドイツ、イギリス、カナダ、オランダ、フランス

3.政府および地方自治体とNGO

1)政府のNGO支援制度

2)地方自治体とNGO

地方自治体のNGO支援、大阪国際交流センターのセネガルにおける植林活動、鹿児島県とNGOの連携活動、山形県とNGOの連携活動、広島県のNGO活動支援、埼玉県国際交流協会、大阪市国際交流協会

4.開発途上国の農業の特徴

1)熱帯の気候

アジア、アフリカ、中央・南アメリカ

2)熱帯の土壌

熱帯に分布する主な土壌、水田の問題土壌、イネの栄養障害

3)貧困と低い農業生産性

4)農耕文化の多様性−稲作を例として

5)主な熱帯作物

ココヤシ、アブラヤシ、パラゴム、キャッサバ、ヤム、タロ、バナナ、パイナップル、コーヒー、カカオ、コショウ

6)農民農業と農園農業

7)焼畑農業

8)森林・マングローブの崩壊

9)植物遺伝資源

10)農業制度−農業技術普及

5.適正な協力課題と技術の選択

1)試行錯誤の国際協力

インドネシア西部ジャワ食糧増産協力、インドネシアにおけるトウモロコシの開発援助、援助依存症−JVCの経験、フィリピン・ネグロス等のバナナ栽培−JCNCの経験

2)適正技術

適正技術の意義、日本型とインド型イネの苗代播種法の差異

3)草の根農民技術

水稲の水苗代の表面を平らにする方法、水稲アウス・アマン混播法、トウモロコシの立毛保存法、籾殻灰による貯蔵ダイズのマメゾウムシ防除、雨期における野菜種子保存法、草木灰散布によるナスのshoot borerの防除、
木おけに竹筒をつけたじょうろ、肉用牛の離乳方法、鶏のひな用水飲みジャー、
住宅高床下を利用した蚕の飼育

6.ODAとNGO

1)政府開発援助

2)JICAによる技術協力

3)プロジェクト方式技術協力の事例

4)ODAの評価

5)ODAとNGOの連携

オイスカ農業者育成研修コース、JICAとNGOスタッフの研修、オイスカ研修センターにODAの導入、JICAとNGOが連携した技術協力、開発福祉事業、開発パートナー事業、NGO・外務省定期協議会、外務省のあたらしNGO支援策

6)欧米諸国におけるODAとNGOとの関係

アメリカ、イギリス、オランダ、カナダ

7.NGO活動の事例

1)作物栽培

マレーシア・ロジンハイランド傾斜地農業指導、ネパール・カカニ農場技術指導

2)山村開発

ラオス焼畑地域農村開発事業、ベトナム少数山岳民族の自立促進事業、タイ・メーコックファーム農業指導

3)畜産

インド・マハラシュトラ州酪農開発指導、ボリビア・サンタクルス州養鶏指導、中国最貧地域経済開発事業

4)植林

メキシコ・プエブラ州植林指導、AICAFの植林現地調査、タイJVC農業植林プロジェクト

5)農村技術

中国河南省竹工芸技術指導、パプアニューギニア農機具製作・修理技術指導、カンボジア籾殻利用代替燃料開発

6)人材育成事業−南南事業

南アフリカ・イシナンバ地域農村開発事業、ザイール・シャバ州農村開発事業、ラオス環境保護・高地農業事業、グアテマラ農村自立支援事業

8.NGO活動の課題

活動資金、専門技術と人材の育成・確保、ODAとNGOの連携、事業の評価