News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

『海外農林業情報 No.103』

海外農林業情報 No.103 (2019年11月15日

 目 次
【世界の食料需給の動向】FAOとUSDAによる世界食料需給見通し


【世界の食料需給の動向】FAOとUSDAによる世界食料需給見通し
国連食糧農業機関(FAO)は、11月8日付で世界の食料需給見通しを発表しました。また、米国農務省(USDA)も同日付で、2019/20年度の穀物を中心とした農産物の需給見通しを発表しました。
それぞれの報告について、小麦、粗粒穀物、コメ、油糧種子は次の通りとなっています。
なお、FAOの見通しについては、以上のほかに砂糖、肉類、乳製品、魚介類についても含まれておりますので、ご参照ください。

小麦
FAOの報告によると、2019/20年度の世界の小麦供給は回復すると見込まれ、今年初めから続く国際価格の低下も、これを反映したものです。世界の小麦生産量は7億6,500万トンと、記録的な水準となることが予想されています。回復の大部分はEUでの増加によるものですが、ロシア、ウクライナ、米国などの主要生産国でも、前年に比べ大幅な増産が見込まれます。

・・・続きはPDFで。(全3p)

 

『海外農林業情報』のバックナンバーは、こちらから。

刊行物一覧へは、こちらから。