News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス
  • ケニア
  • ガーナ
  • フードバリューチェーン
  • 農業機械
  • 農産加工
  • 栄養改善

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

『海外農林業情報 No.104』

海外農林業情報 No.103 (2019年12月9日

 目 次
【世界の貿易関係】日米貿易協定とRCEP の動向


【世界の貿易関係】日米貿易協定とRCEP の動向
日米貿易協定

日米貿易協定については、9 月25 日に安倍総理とトランプ大統領との首脳会談において最終合意に達し共同声明に署名、さらに10 月7 日に両政府の代表が協定文書に正式署名したところですが、日本では12 月4 日に国会で協定案が承認され、本協定に関連法案はないことから、これで国内手続は終了しました。

一方米国側は大統領貿易促進権限(TPA)法により議会承認を経ずに政府の署名だけで済ませる方針です。協定は両国の国内手続完了通知後30 日(または別途合意する日)で発効するとされており、発効日は2020 年1 月1日になるとの見通しです。

これにより、TPP および日EU・EPAに続く大型の貿易協定が実現します。ただ、本協定は、農産品や工業品の物品関税に限定しており、TPP や日EU・EPA 等のEPA(経済連携協定)とは異なっています。

・・・続きはPDFで。(全2p)

 

『海外農林業情報』のバックナンバーは、こちらから。

刊行物一覧へは、こちらから。