News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

モンゴルに行ってきました 2

「モンゴルの養蜂:生産性向上指導」(7月9日―8月6日)


7月の草原は、先月にもまして花が豊富でした。

今回は、1.ミツバチ飼育技術、2.養蜂資源、3.養蜂組織、4.マーケティング、5.農村開発の5人の専門家が現地で活動しました。

現場確認の後、7月14日・15日の2日間に亘り、セレンゲ県都でセミナーを開催しました。対象地域の養蜂家だけでなく、広く周辺地域にも参加を呼びかけました。
ちょうど、国を挙げてのお祭り(ナーダム)の時期であったにもかかわらず、100名を超す養蜂家が参加し、驚くほどの盛況ぶりでした。
初日よりも2日目の参加者の方が若干多く、その多くが県都に自費で宿泊しての参加であり、熱意が窺われました。

また、セミナーの後は、ミツバチ飼育技術の専門家が対象地域の養蜂家を回り、個別に指導しました。個別指導では、蜂群密度を向上させることを第一に考え、巣箱の配列などを教えることに集中しました。養蜂家からは、ロイヤルゼリーなど高価な養蜂産物を生産したいとのリクエストもありましたが、専門家は「まずは基本の飼育技術(ハチミツの生産技術)を身につけてから」として、徹底して基本にこだわって指導を続けました。

モンゴルの養蜂家は巣箱を持って移動していくため、個別指導は、200km以上を移動しながら行うものとなりました。
巣箱は人影のない草原にあり、昼食は草原のただ中で。
畜糞で火をおこして水を湧かして簡単なランチをとる毎日で、モンゴルらしい日々でした。

 

平成25年度「アフリカ等農業・農民組織活性化支援事業(アジア)」