News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス
  • ケニア
  • ガーナ
  • フードバリューチェーン
  • 農業機械
  • 農産加工
  • 栄養改善
  • カカオ
  • ギニア
  • アフガニスタン
  • コートジボワール
  • アンゴラ
  • エクアドル
  • ボリビア
  • ルワンダ
  • カンボジア
  • セネガル

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

World Food Day:世界食料デー

毎年10月16日は、世界食料デー です。

1979年の第20回国際連合食糧農業機関(FAO)の総会決議に基づき、世界の食料問題を考える日として1981年に制定されました。

「すべての人に食料を」を合い言葉に、世界に広がる栄養不良や飢餓と貧困の解決を目的としています。

2015年のテーマは、「社会保護と農業:農村貧困の悪循環を断つ」です。

 

今日、10月16日は、FAOの誕生日でもあります。

また、今年は発足から70年の記念の年でもあります。

FAOは、世界中の人々が飢えることのない社会を作るため、基本情報の発信と、様々なプロジェクトを行ってきました。

今年2015年を期限としていたMDGs(ミレニアム開発目標)は、2030年を期限としてSDGs(持続可能な開発目標)に引き継がれ、飢餓撲滅のための取り組みは続きます。

世界食料デー」の今日、「世界食料デー」月間とともに、何ができるかを考えてみませんか。

 

JAICAFは、「FAO飢餓撲滅草の根募金」の受入窓口です。
お寄せ頂いた募金は、その全額がFAO駐日連絡事務所を通じて本部へ送られます。

郵便振替口座: 00140-1-29732
口  座  名  義: FAO飢餓撲滅草の根募金

※振替手数料は無料です。
※(公社)国際農林業協働協会への寄附金は、「特定公益増進法人」への寄附金として税制上の優遇措置が適用されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

(参考サイト)

FAO駐日連絡事務所 2015年世界食料デー(ポスター・パンフレットも)

「世界食料デー」月間2015 公式サイト

ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン

 

(参考資料)

世界の食料不安の現状 2014年報告

世界食料農業白書 2014年報告

『FAOマップ「世界の栄養不足人口――ハンガーマップ 2015』