News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス
  • ケニア
  • ガーナ
  • フードバリューチェーン
  • 農業機械
  • 農産加工
  • 栄養改善
  • カカオ
  • ギニア
  • アフガニスタン
  • コートジボワール
  • アンゴラ
  • エクアドル
  • ボリビア
  • ルワンダ
  • カンボジア
  • セネガル

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

(終了しました)つくばで初開催!第1回ミツバチサミットに出展します(11/11・11/12)

今年11月、ミツバチや送粉昆虫に関わる人たちが一堂に会するミツバチサミットが、つくばで初開催されます。

ミツバチや送粉昆虫は、自然環境や農業において重要な役割を果たしているだけでなく、私たちの食生活・文化活動・教育・医療など、多くの分野で私たちの生活を豊かにしてくれています。

このサミットに、当協会と緑のサヘルが共同出展します。当協会はモンゴルで、緑のサヘルはブルキナファソで、ともに養蜂を活動の柱として、地域の所得向上や環境保全に取り組んでいます*。

サミットでは、2団体も出展する自主企画やポスターセッションに加え、国際スピーカーも含めミツバチ研究の第一人者が集結するシンポジウムやワークショップなど、さまざまな企画が盛りだくさんです。知れば知るほど奥の深いミツバチの世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

* JICA草の根技術協力事業の一環
 

日  時:2017年11月11日(土)、12日(日)

会  場:筑波大学 大学会館    交通アクセス

主  催:ミツバチサミット実行委員会


【主な内容】
シンポジウム:「ミツバチ学への招待」「ダニ問題を斬る!」ほか
ポスターセッション:団体や企業による活動・研究紹介
自主企画:「養蜂と国際協力」に関するミニセミナー・展示(JAICAF/緑のサヘル)、アニメ「風のように」上映会、蜜蝋キャンドルワークショップ、フォトコンテスト、ブックフェアなど

【参加費】
一般参加費 1,000円(高校生以下は無料)
*交流会申込みは締め切りました。

【申込み・問い合わせ先】
ミツバチサミット実行委員会
E-mail: office@remove-this.bee-summit.remove-this.jp
ウェブサイト:http://bee-summit.jp/

*ウェブサイト上では参加受付終了となっていますが、引き続きお申込みが可能です。上記のE-mailあてに、「ミツバチサミット参加希望」として、直接お申込みください。

 

 

(11/12まで上位固定 初出9/13)