News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

(2/16・日)シンポジウム「女性がつなぐ養蜂と未来」のご案内

蜜蜂がつなぐもの―花から実へ、花蜜から蜂蜜へ、人から人へ、人から地域へ・・・
 養蜂は、蜂蜜をはじめとする多様な生産物を私たちにもたらし、また蜜蜂による花粉交配を通じて、農業生産だけではなく、生態系の保全にも大きく貢献する産業です。世界各地で展開される養蜂振興においては、生産物による経済的な生活水準の向上を目指すだけではなく、多様な文化的背景を持つ人々の生活規範のひとつとして、蜜蜂の社会に学び、私たちの社会に活かす取り組みが始まっています。
 当協会では、昨年度から、日本中央競馬会の補助を受け、養蜂を支える女性たちに焦点を当てて調査事業や研修事業を行っています。これらの事業を通じて、女性たちが、蜜蜂を通して、地域や次世代の多様な人々をつなげる姿を見てきました。
 蜜蜂は、常に最良の解決法を選択しようと努めています。その蜜蜂を働き手として営まれる養蜂を、さらに人間の社会に活かそうとする女性たちにスポットを当て、養蜂が持続的な未来にどうつながっていくのか、皆さんと考えていきたいと思います。


日 時:2020年2月16日(日)10:00~12:20
場 所:東京国際フォーラム ガラス棟 G409
    (東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 TEL : 03-5221-9000)
    地図:https://www.t-i-forum.co.jp/mt_images/access/access/access_print.pdf
参 加:無料、定員120名(先着順)
主 催:公益社団法人国際農林業協働協会(JAICAF)

プログラム
10:00~10:05  開会挨拶        
10:05~10:45  基調講演「多様性を活かす蜜蜂の社会」
           講師:玉川大学 農学部  教 授  中村 純 先生
10:45~10:55  休憩         
10:55~12:00  パネルディスカッション
          パネリスト     玉川大学 農学部  教 授  中村 純 先生
                                菅野養蜂場 菅野 菊枝 さん
                                花園養蜂場 松本 鮎子 さん
                       ファシリテーター     JAICAF 西山亜希代
12:00~12:15  質疑応答    
12:15~12:20  閉会挨拶    


申 込:
氏名、ご所属、連絡先電話番号/メールアドレスを明記の上、deskb@jaicaf.or.jpまでお申し込みください。
FAXでも受け付けております。
※お申し込みを受け付けた方には、確認の連絡をいたします。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
チラシ・FAX申込票


本シンポジウムは、JRA(日本中央競馬会)の助成を受けて実施いたします。

 

(初出 12/10)