News tag menu

  • 養蜂
  • ジェンダー
  • 日本
  • イネ
  • ゴマ
  • ミャンマー
  • ブルキナファソ
  • 灌漑
  • ラオス
  • モンゴル
  • ベトナム
  • タイ
  • 食料ロス
  • ケニア
  • ガーナ
  • フードバリューチェーン
  • 農業機械
  • 農産加工
  • 栄養改善

Category list

  • お知らせ
  • 事業報告
    • 復興支援(H23)
    • 農民組織(H23)
    • 情報整備(H24)
    • 農民組織(H24)
    • 復興支援(H24)
    • 農民組織(H25)
    • アグリビジネス(H25)
    • 復興支援(H25)
    • アグリビジネス(H26)
    • 復興支援(H26)
    • JICA事業
      • アフガニスタンCDIS3
      • JICA草の根(モンゴル養蜂)
    • 貧困削減(H26)
    • アグリビジネス(H27)
    • 貧困削減(H27)
    • 地産地消(H28)
    • 貧困削減(H28)
    • 農業投資(H28)
    • 地産地消(H29)
    • 品質向上(H29)
    • 生産技術(H30)
    • JRA養蜂
    • 生産技術(H31)

『海外農林業情報』No.57

海外農林業情報 No.57 (2016年4月14日

米国農務省による穀物作付見通しと世界食料需給見通し

1.米国農務省(USDA)は3月31日付で、今年最初となる米国の主要穀物作付見通し(「Prospective Plantings」)を発表しました。
これによると、米国の2016年のトウモロコシの作付面積は9360万エーカーで、2012年以来初めて増加に転じ、1944年以降3番目に大きい水準となっています。他方、大豆の作付面積は2015年よりも1%下がる見通しとなっています。
これは、シカゴ相場においてトウモロコシ価格が高騰し、2016年のトウモロコシの収益が高まるとの期待を反映したものですが、3月の本見通しの発表を受けて、相場は落ち着きを取り戻しており、今後は作付け意向がトウモロコシから大豆に移行するなどの変化が見られる可能性があります。
2016年の小麦の作付面積は前年から9%減少し、特に冬小麦の面積が前年から8%減少しました。ソルガムの作付面積は2015年から15%減少し、722万エーカーになるものと見込まれています。

2.上記の作付の意向を踏まえ、米国農務省は4月12日付で今年1回目となる世界食料需給見通し(「World Agricultural Supply and Demand Estimates Report」)を発表しました。一般的に、世界の穀物価格はシカゴ先物取引価格がベースとされるため、今後毎月10日頃に発表される米国の世界需給見通しが大きな注目を集めることになります。
本見通しの主な内容は次の通りです。

(1)小麦
米国の2015/16年度期末在庫は、飼料利用の減少から、1000万ブッシェル減の9億7600万ブッシェルと予想されます(小麦の場合1ブッシェル=約27.2kg)。また、シーズンを通した平均農場価格は4.90?5.00ドル/ブッシェルと見込まれます。
世界全体の小麦の供給は、生産増加により100万トンの増が見込まれます。エチオピア、パキスタンでの減少がありますが、EUとアルゼンチンで、それぞれ150万トン、30万トンの増となるようです。

(2)粗粒穀物
米国のトウモロコシの飼料利用は5000万ブッシェル減少しますが、エタノール向けが2500万ブッシェル増加すると見込まれています(トウモロコシの場合1ブッシェル=約25.4kg)。その結果、期末在庫は2500万ブッシェル増と予想され、シーズンを通した農場価格は、5セント弱含みの3.55ドル/ブッシェルと見込まれます。ソルガムの食料・種子・工業用の利用は、エタノール向けが増えるために2500万ブッシェルの増加が予想されます。輸出は1000万ブッシェル減少し、農場価格は少し下がって3.20ドル/ブッシェルになると見込まれます。
世界全体では、アルゼンチンでは2月と3月に適時の降雨があったことにより、トウモロコシの生産量が100万トン増加し、メキシコとセルビアの両国とも50万トンの増加が見込まれます。
EUでは、飼料用小麦の供給価格との関係でトウモロコシ輸入が100万トン減少しますが、中国では、国内のトウモロコシ市場価格が飼料用の小麦価格に比して有利なため、トウモロコシの飼料用利用が増加すると見込まれます。

(3)コメ
米国では、長粒種の輸入が減少しているため2015/16年度のコメの国内供給は50万cwt(1 cwt=約45kg)の減少が見込まれます。長粒種の期末在庫は50万cwt減の2250万cwtとなり、全種類のコメの期末在庫は4340万cwtになると予想されます。シーズンを通したコメ全体および長粒種の価格はいずれも0.30ドル/cwt低下し、前者は12.30ドル-12.70ドルに、後者は10.80ドル-11.20ドルに下落すると予想されます。中粒種および短粒種の価格もcwt当たり0.50ドル下がると見込まれます。
2015/2016年度の世界のコメ供給量は、生産減少が主因となって50万トンの減少が予想されます。このうちブラジルでは30万トン、パキスタンでは20万トンの減少が見込まれています。また、世界の貿易量および国内利用はいずれも減少が見込まれています。

(4)油糧種子
米国の大豆輸出は、中国、イラン、バングラデシュおよびメキシコの輸入需要を反映して、1500万ブッシェル増の17億500万トンに達すると予想されます。
2015/16年度の油糧種子の世界生産量は5億2700万トンで、大きな変化はないものとみられます。このうち、世界の大豆生産量は、アルゼンチンの増加(50万トン増の5900万トン)がインドの減少(50万トン減の750万トン)を相殺するため、3億202万トンと、大きな変化はないものとみられます。このほか、EUと中国ではナタネの生産増が予想され、中国ではヒマワリ種子の生産増も予想されています。
ブラジルと米国では油糧種子の輸出の増大が予想されますが、アルゼンチンとインドの減少を相殺するには至らないとみられます。また、中国では大豆の輸入が100万トン増加し8300万トンに達すると予想されます。イラン、日本、バングラデシュ、メキシコでも同じく輸入の増加が見込まれています。一方、ベトナム、エジプト、ベネズエラ、チリでは大豆輸入の減少が見込まれています。

<参考リンク>
Prospective Plantings(USDA、英語)
World Agricultural Supply and Demand Estimates Report(WASDA)(USDA、英語)

( 文責:森 麻衣子)
 

 『海外農林業情報』のバックナンバーは、こちらから。

刊行物一覧へは、こちらから。