発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

Comprehensive textbook for beekeeping in Mongolia (Зөгийн аж ахуйн хөгжлийг дэмжих замаар орон нутгийн иргэдийн орлогыг нэмэгдүүлэх төсөл)

JICA байгууллагын хамтын ажиллагааны хүрээнд хэрэгжсэн Зөгийн аж ахуйн хөгжлийг дэмжих замаар орон нутгийн иргэдийн орлогыг нэмэгдүүлэх төслийн (2019 оны 3-р сараас 2022 оны 12-р сар) үр дүнд нийтлэгдсэн. Төслийг JICA байгууллагатай гэрээ байгуулан JAICAF хэрэгжүүлсэн болно.
Pub…
発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

(12/3・土)モンゴル養蜂プロジェクト ミツバチサミットでの発表のご案内

JAICAFでは2015 年より、モンゴルの養蜂振興を目指したプロジェクトを実施してきました(JICA「草の根技術協力事業」)。

本プロジェクトは、2018年まで実施したフェーズ1と、2019年から開始したフェーズ2を経て、今年12月に終了します。フェーズ1では、蜂群当たりの採蜜量の向上、薬剤管理の導入、所得の向上に取り組みました。フェーズ2では、フェーズ1で作成した技術マニュアルを検証・改訂し、「養蜂振興の手引書」として完成させました。

このたび、12月3日(土)にオンライン開催されるミツバチサミットのプレイベントで、プロジェクトの成果やモンゴルの…

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

BeeDep-MONGOL 2 Newsletter

BeeDep-MONGOL 2 Newsletter
BeeDep-MONGOL 2  Цахим сонин

 

JICA草の根技術協力事業「モンゴル国地方での生計維持を目指した養蜂振興プロジェクト」(BeeDep-MONGOL 2)の活動を紹介するニュースレターです。

No.1(2021 Feb) 
日本語   English     Mongolia

No.2 (2021 Apr)    
日本語   English     Mongolia

No.3 (2021 May)    
日本語   English     Mongolia

N…

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

モンゴル養蜂プロジェクト(フェーズ2)始まりました!

-JICA草の根技術協力事業(パートナー型)

「地方での生計維持を目指した養蜂振興プロジェクト」(BeeDep-MONGOL 2)

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

JICA草の根技術協力事業 モンゴル国養蜂振興による所得向上プロジェクト(フェーズ1)の終了

事業完了報告会を開催しました!

2018年4月17日(火)、JICA東京国際センターで、「モンゴル国養蜂振興による所得向上プロジェクト」(JICA草の根技術協力事業)の事業完了報告会が開催されました。

このプロジェクトは、2015年4月に開始され、ちょうど3年間、モンゴル北部ロシア国境にあるセレンゲ県シャーマル郡をコアな対象地域として活動してきたものです。プロジェクトは、「ハチミツの生産性と品質が向上し、地方住民の養蜂所得が増大する」ことを目標に掲げ、(1)蜜源植物の適切な利用、(2)ミツバチ飼育技術の移転、(3)市場に対応した蜂蜜生産管理手法の導入…

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

モンゴル国養蜂振興による所得向上プロジェクト 事業完了報告会のご案内(4/17)

主 催:独立行政法人 国際協力機構(JICA)東京国際センター
aaaaaa公益社団法人 国際農林業協働協会(JAICAF)
日 時:2018年4月17日(火)14:30-16:00
場 所:JICA東京 別館2F セミナールームC・D  MAP


JAICAFでは、2015年4月から2018年4月まで、モンゴルのセレンゲ県を対象に、養蜂振興を通じて地方の所得向上に取り組むJICA草の根技術協力事業を実施してきました。
本報告会では、3年間にわたる活動とその成果を、現地からの声を交えてご報告します。

詳細・お申し込みはこちら
 

 

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

ミツバチサミット2017に出展しました!!

2017年11月11日ー12日、ミツバチサミット2017が筑波大学大学会館で開催されました。

会館の一部屋を借り、ブルキナファソで養蜂を含む事業を実施する“緑のサヘル”と共同で、「養蜂と国際協力」と題した自主企画を行いました。

写真等の展示のほか、ミニセミナーを開催し、JICA草の根技術協力事業パートナー型「モンゴル国養蜂振興による所得向上事業」の活動報告やモンゴル養蜂の紹介を行いました。

また、ポスター発表にも参加しました。

ミニセミナーではプロジェクト全体の発表と、養蜂技術の開発に関する発表を、それぞれ2回ずつ行いました。

2日間で100名…

発行: JICA草の根(モンゴル養蜂)

モンゴルに行ってきました 3

「日本技術!―モンゴル養蜂のモニタリング・評価調査から―」(9月11日―18日)


9月ともなると、朝は氷が張っていました。
寒風が身を切るような寒い日もありましたが、ミツバチは元気に過ごしているようです(寒い日は巣箱の中で。ぽかぽかしてくると花に飛んでいってしまいます)。

シャーマル郡に行くと、養蜂グループのリーダーたちが出迎えてくれました。
飼育技術専門家が指導した技術は「日本技術」という名前になって、現地に定着し始めていました。

 「『日本技術』のお陰で、ハチミツの生産量がとても増えた!」